北欧家具・デンマーク家具・デンマーク椅子チェア・デンマークインテリアなどを多数展示販売しています。


 熊谷守一略歴
1880年 (明治13年)初代岐阜市長となる、熊谷孫六郎の三男として生まれる。
1897年 (明治30年)岐阜中学3年で上京し、正則中学に転校する。17才
1900年 (明治33年)周囲の反対を受けながらも、東京美術学校(後の東京芸術大学)へ入学。黒田清輝らの指導をうける。 同期生に青木繁、児島虎次郎らがいた。20才
1904年 (明治37年)東京美術学校卒業。24才
1905年 (明治38年)農商務省の樺太調査隊に加わる。25才。
1909年 (明治42年)第三回文展に「蝋燭」を出品。褒状を受ける。29才
1910年 (明治43年)実母の死を機に帰郷、以後6年間、裏木曽の山中生活を営む。
1915年 (大正4年)友人達の熱心な誘いを受け再び上京。新たに創設された「二科会」へ参加。35才
1922年 (大正11年)「某婦人像」のモデルとなった18才下の大江季子と結婚。42才
子供も授かるが、生活の為に売れる絵を描く事ができない守一は、貧しい暮らしの中で3人の子供を亡くす。しかしこの時代の作品には、のちの「熊谷様式」と呼ばれるフォーヴ調のタッチや赤い輪郭が見え始める。
1932年 (昭和7年)自宅を新築して転居する。52才
1938年 (昭和13年)自動画廊で野間仁根と二人展を。藤田嗣治、野間仁根らと日本画三人展を開く。この頃より再び日本画を描き始める。58才
1947年 (昭和22年)「二紀会」結成と同時に会員となる。67才
1964年 (昭和39年)5月、パリのダヴィット・エ・ガルニエ画廊主催の熊谷守一展開催。84才
1967年 (昭和42年)文化勲章辞退。87才
1968年 (昭和43年)銀座ギャラリー・ムカイで個展開催。NHK「この人を語る」に出演。88才
1976年 (昭和51年)郷里。岐阜県付知町に記念館が設立。11月、洋画商展出品の「あげ羽蝶」が油絵の絶筆となる。96才
1977年 (昭和52年)6月末、呼吸困難となり、8月1日午前4:35肺炎のため永眠。97才



前のページへ戻る



クラフトコンサート
静岡県静岡市駿河区丸子3311
 TEL:054ー259-5605
Copyright©Craft Concert. All Rights Reserved.